表示登記申請システム

測量~作図~登記までがこれひとつでOK!
書式集に依存せず、直観的な操作で書類作成と管理が非常に簡単です。
書面⇔オンライン申請もワンクリックで切換え。

調査報告書

今までの調査報告書の操作性はそのままに、更に使い易く進化しました。

複数の登記の目的用の調査報告書も簡単作成

事件管理台帳で1つの現場を管理するので、複数の登記の目的がある場合も、調査報告書作成時に登記の目的を複数選択するだけで簡単に作成できます。

登記情報取込機能

登記情報取込機能で、調査報告書に取得した申請地、隣接地の情報を取込むことが可能です。筆数が多い場合などは入力する手間が無くなります。

申請データが反映します

登録済の申請データをそのまま調査報告書に反映することができます。申請書の不動産はもちろん、申請人のデータや原因も所定の位置に反映します。

公差入力

登記上の地積と実測の地積に違いがある場合に、登記記録と実測値で計算をします。結果を特記事項に表示しますので、公差の入力も簡単にできます。

 
便利な初期設定機能

便利な初期設定をご用意しております。例えば、調査資料・証言・事実等は土地、建物、区分建物ごとに資料等名を選択しておくことが可能です。選択した資料名はいつも新規の調査報告書を作成するときに選択された状態で表示されます。他にも建物の現地の状況や土地の筆界位置の計測なども初期設定可能です。

  • 土地の基準点測量結果も初期設定可能
     
  • 資料名初期設定で毎回選択する手間を削減
  • 建物の現況の調査結果も初期設定
地番等も全角・半角選択可能に

登記情報や申請データでは全角で登録されている地番や家屋番号などを半角にして調査報告書に出力することができます。

各章の説明などにオリジナルの文言を追加

調査報告書の具体的な理由の記載内容として、弊社のオリジナルの文言をご用意しております。ひな形の文言は随時追加予定です。

旧調査報告書で使用している文言も取込可能

クリックで大きくなります

旧調査報告書で使用している文言を新調査報告書に取込み、使用することが可能です。

 
任意の画像を複数選択し取込めます

エクスプローラの機能を利用していますので、必要な画像を選択して取込ことが出来ます。画像選択時に開くフォルダを設定することもでき、同じ報告書番号の画像を選択するときは、最後に選択したフォルダを記憶しているので、何度も画像の保存先を探す必要がありません。

画像情報の作成年月日等は変更可能

クリックで大きくなります

画像の作成年月日は撮影した日が初期表示されますが、何かの理由で変更したい場合も、簡単に変更可能です。変更する画像は「選択画像のみ」「章の画像全て」「開いている調査報告書の画像全て」を選択できます。

 
ファイル名を備考欄へ反映

ファイル名を備考欄にボタンひとつで反映することが可能です。

ExcelでもPDFでも出力できます

Microsoft Excel 2010以降のバージョンをご利?の場合、PDF出力ボタンをクリックするだけでPDFに変換して出力できます。また、直接プリンタに印刷することも可能なので、お客様に提出用として印刷する場合も簡単です。

画像編集も思いのままに

クリックで大きくなります

画像の編集もより便利になりました。線や丸の追加や文字の追加しても、画像の解像度に関係なく、入力したイメージのまま出力されます。

 
画像出力形式は4パターンから選択

クリックで大きくなります

画像の出力サイズも報告書ごとに出力する大きさを選択できます。1枚しかない場合には大きくしたり、数が多いときは小さくしたりして出力するといったように4パターンから選択可能です。

 
画像データはパソコンに別保存

取込んだ画像ファイルはソフトが調査報告書ごとに管理していますので、デジカメを常に接続していなくても、任意に保存したフォルダを紛失しても、いつでも出力することが可能です。※画像を追加する場合はデジカメなどの接続が必要です。