成年後見総合システム

相談、見守り、後見人、保佐人、補助人、成年後見監督人、保佐監督人、補助監督人、任意後見人、任意後見監督人、未成年後見人、不在者財産管理人、相続財産管理人をトータルサポート。

業務日誌

業務日誌と備忘録、定期業務と非定期業務

業務日誌と備忘録

業務日誌と備忘録を分けて入力することができます。仕訳日記帳や出納帳を利用して記録したお金に関する動きは、そのまま自動的に業務日誌に反映させ、それ以外の業務に関することについては編集機能を利用していつでも追加することができます。効率的で自由度は抜群です。頻繁に使用する言葉や用語はあらかじめ単語登録しておくことで簡単に転記することができます。使い易さを徹底的に追及しています。備忘録の利用方法は様々ですが、例えば、移動に要した時間、施設や病院関係者との打ち合わせに要した通話時間、料金などを業務日誌と区別することができますので、報酬付与申立における事情説明書の補足資料として活用することもできます。

定期業務と非定期業務

裁判所書記官の目から見て、業務日誌は「定期業務」と「非定期業務」に区別して作成してもらうと"調査しやすい"という観点をシステムに反映させました。

 
業務日誌の作成(印刷)

以下の形式でExcelに出力することができます。

  • 業務日誌(定期業務)
  • 業務日誌(非定期業務)
  • 業務日誌(定期業務+非定期業務)
  • 業務日誌(定期業務)+備忘録
  • 業務日誌(非定期業務)+備忘録
  • 業務日誌(定期業務+非定期業務)+備忘録

報告書類

家庭裁判所に提出する各種報告書類

後見事務報告書

就任時、遂行時、終了時における各後見事務報告書をご用意しています。

クリックで大きくなります
財産目録(重要な資産ごとの履歴もずーっと管理)

9タイプご用意しています

特に気を遣う財産目録ですが、システムが財産情報をしっかり管理しています。変更を加えてはいけない財産については、ロック機能で安心!さらに資産ごとの変動状況の履歴は何件でも記録しておくことができます。例えば、売却等で処分した財産については目録に出力資産として履歴に残せますので、いつでも内容を確認することができます。出力形式は、実情に応じて9つのタイプをご用意しています。タイプは、画面上のプレビューで簡単に確認して選ぶことができます。

報酬付与審判申立書

リーガルサポート支部に提出する各種報告書類

本人台帳に登録したデータに基づいて申立書に自動的に反映されますので、出力すればほぼ完成している状態です。

法定後見及び任意後見に関する就任・遂行・終了報告書、遺言執行等事務報告書

公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート様より、ご提供いただいております事務遂行報告書等の専用書式、遺言執行等事務報告書を標準装備しています。ボタン1つで簡単に出力できます。

財産目録

個人情報保護の観点から指定項目についてはマスキング処理した財産目録を自動作成します。

 
収支状況報告書

前回の報告時以降の財産の変動を明らかにするための収支状況報告書は、指定した期間内における勘定科目ごとの収入と支出を表にまとめて出力します。収入の合計と支出の合計、差引金額も自動表示されます。支出を裏付ける領収書のコピーは、前頁のスキャナ機能を使用して保存してあるファイルを印刷して添付すれば完成です。

後見収支予算表

今後の収支予定についての予定表は、実情に応じて5つのタイプをご用意しています。財産目録と同様にタイプは、画面上のプレビューで確認して選ぶことができます。予算表の作成に当たっては、実績読込機能が大変便利で重宝していると好評です。過去に登録した仕訳日記帳のデータを実績として読み込んで作成することができます。例えば、平成26年7月から12月までの期間を指定し、その間の実績を抽出し、自動的に年額に引き直して画面上に表示させることができますので、予算表もあっという間にできてしまいます。

出力書類はWord、Excelで編集も自由自在、さらにオリジナルの文書もキーワードを埋め込んで自在に活用

作成する書類は全てWord、Excel形式で保存されます。修正、追加などの編集も簡単です。また、システム書式としてあらかじめ200以上の書式をご用意しています。加えて、既にご使用されているオリジナル文書もWord、Excel文書であれば、キーワードを埋め込んでシステムに取込んで活用することができます。システム上で入力したデータは全てキーワード化することができるようになっています。

年間収支表

1年間の月ごとの収支集計表を自動に作成することが可能です。14か月分まで作成することができます。

強力な入力支援と多彩な便利機能を搭載
全国郵便番号・住所辞書
マウスだけで住所を入力できる2in1シリーズで大好評の支援機能です。郵便番号や読み仮名から検索はもちろん、市町村合併における住所は、常に最新のものをご利用頂けます。(ダウンロードサービスは年間保守にご加入頂いているユーザー様となります)
パスワード機能
 
バージョンアップ情報の自動更新機能
ソフト起動時に最新版のバージョン情報をお知らせします。
単語登録・URL登録
使用頻度の高い単語やURLを登録しておくことができます。一度登録しておけば、プログラム使用中にすぐに呼び出して使用可能です。