相続管理システム

相続と贈与についての相談受付から、相続人の確定、相続財産の評価額計算、各種シミュレーション、
遺産分割協議書をはじめとした豊富な書類作成、相続税と贈与税の申告書作成までを網羅。

データ連動

2in1成年後見・不動産システムと連動し様々な情報を活用できます。

2in1成年後見システムのデータを新規事件として取込めます

取込可能なデータは、「本人情報」「家族情報」「関係者情報」「各種財産情報」です。成年後見システムの取込対象事件や、対象事件の本人情報、家族情報の中で誰を被相続人として取り込むか、などを任意で選べます。

情報をExcelに出力

データの構造上、取込できないデータについてはExcelに出力でき、編集も印刷も可能です。

修正申告/更正の請求機能

申告区分として修正申告を選択することにより、修正申告書および更正の請求書の作成・印刷が早く、正確にできます。

既存の事件情報から修正申告用事件を作成

既存の事件をそのままコピーして、修正申告用の事件を作成することも可能です。申告時のデータをコピーした場合には、前回の申告書の内容が自動で反映されますので、修正内容のみ入力するだけで修正申告書が作成できます。

  • 第1表
  • 第3表・第8表2
  • 第5表の付表
  • 第8の2表
  • 第8の3表
  • 第8の4表
  • 第8の5表
  • 第11・11の2表の付表2・2の2
  • 第15表
  • 更正の請求書
  • 次葉
  • 次葉付表1
  • 次葉付表2
  • 次葉付表3
エクスポート・インポート

2in1win相続管理システムを導入している事務所様同士であれば、相続の事件を事務所間で、データをやり取りすることが出来ます。エクスポートしたデータは、Zipファイルに変換するので、メールに添付して送ることが可能です。インポートする際には、既存の事件のデータに上書きしたり、新規の事件として追加することが出来ます。

  • 1回にエクスポートできるデータは1事件管理番号のみです。
  • 記憶媒体に保存して、郵送することも可能です。